月別アーカイブ: 6月 2016

嘔吐頭痛

悪化すると吐き気のみならず嘔吐、頭痛などの症状が出て、もっと悪化してしまうと意識障害及びけいれんなどが起こり、最悪の場合には亡くなることもあるほど危険な病気です。仮に屋外で長い時間仕事をしていたり、スポーツをやっていて気分が悪くなった場合には、すぐに涼しい場所へ移動する必要があります。年配者や子供も一緒で周囲の大人が気を配り、できる限り早く気づくことが重要なのです。
熱中症の主な症状は、軽度であるならば立ちくらみや大量の発汗もしくは筋肉痛などで、この場合は涼しい場所で安静にすることで症状は和らぎます。
けれども、熱中症のサインに気づかずそのままにしておくと症状は急速に悪くなっていくのです。一方、家の中にいるから心配しなくてもよいということはありません。
屋内においても浴室などの湿度と気温の高いところや日当たりが良好で閉めきった部屋の場合でも起こる可能性は予想されるので、注意が必要です。また、体温を測り平熱よりも一度以上高い場合は熱中症である可能性が高いです。
軽度の場合はしばらくの間安静にすれば快方へ向かいますが、40度以上高熱がある、けいれんも起こしているという場合はすぐさま病院へ行く必要があります。